(古野流空手道とは?)

 1989年に愛知県名古屋市中村区において活動が開始された空手道団体です。元来、空手道は総合的な格闘術です。琉球王国にて行われていた「手」「唐手」という武術が、薩摩藩に支配され武器を奪われて、自らの身を守るために発達した武術です。

 手から唐手へ、そして唐手から空手へと進化していき、現在では大きく分けると、伝統派、フルコンタクト派などに別れています。

 古野流空手道は、普段の稽古において、「直接打撃制」「投げ技」「受身」「関節技」「固め技」「棒術、ヌンチャク術…等、武器術」「護身術」を修行しています。また、独自の科目表にそって、初級者から高段者まで無理なく行えるシステムを整えております。


 親子で通える道場です。子供が大きくなるにしたがって、だんだんと会話がなくなってきたという話をよく聞きます。

 古野流空手道では、親子で道場に通っている塾生の皆様も多く在籍しており、会話が無くなるどころか、空手を通してより絆が深まったと聞きます。

 

 親子で通える空手道場☆

 

 古野流空手道古瀬間塾☆

 



【古瀬間塾ニュース】


【 南陽支部が再開されます 】

 

4月より、南陽支部の活動を再開します。

詳細は、道場にてお伝え致します。


【 第7回古野流武道大会を開催しました 】

 

2020年2月2日(日)に名古屋市南陽交流プラザに於いて

「第7回古野流武道大会」を開催しました。

「稽古日記ブログ」に写真をアップしました。


【 宗家 年頭の挨拶 】

 

謹んで新年のお喜びを申し上げます。

今年は世界的なスポーツイベントであります「東京オリンピック」が開催されます。

今回のオリンピックには空手も種目に選ばれており、空手界も俄然盛り上がっております。

 

さて、当塾も創塾より今年で32年目を迎え、特定非営利活動法人として社会に貢献すべく

各事業の推進に努めております。創塾より一貫して実践してきているのは、【古野流理念】

にもあります『日々の武道修行によって健康な体と健全な精神を得、自信と勇気を持った

真のリーダーを育成し、社会の平和と発展に貢献する』ということです。

 

ITやAIといった技術が発展してきた現代であっても、やはり最後には人の質がすべてであると

思います。いかに世界が発展してきても、それに携わる人間、リーダーの質によって、すべて

は大きな違いとなって現れてくると思います。

 

明日の世界を担う子供達の育成のため、真のリーダーの育成のため邁進していく所存です。

 

今年も変わらぬご理解ご協力の程、宜しくお願いいたします。

 

 

古野流空手道 第二代宗家   山本淳一

 

 


【 塾長 年頭の挨拶 】

 

新年明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

 

昨年は、道場として大きな事故もなく1年を送ることができました。

また、新しい仲間も増え、それぞれのハードルに挑戦し、健やかな運営が出来ました。

これもひとえに道場の皆様の努力によるところであり、大変感謝しております。

 

「一年の計は元旦にあり」

稽古はじめの日は、その人にとっては元旦に当たります。

この日に、大きな夢を描いてください。

夢実現に向けての心構えを固めてください。

 

ことし一年、それぞれの夢の達成に向けてがんばり抜きましょう!

 

押忍!

 

 

特定非営利活動法人古野流空手道古瀬間塾

理事長 兼 四代目塾長 山本大輔


【 南陽中央公園クリーン大作戦 】

 

名古屋市南陽交流プラザに隣接している南陽中央公園をきれいにしよう!

 

開催日は下記の通りです。

 

一回目  11月16日(土)

二回目  12月14日(土)

三回目   1月18日(土)

 

時間は3回とも 13:30~14:30 の1時間です。

参加された塾生には『がんばりポイント』をプレゼント☆


【 第7回古野流武道大会開催日決定のお知らせ 】

 

開催が延期されておりました「第7回古野流武道大会」、開催日が決定いたしましたのでお知らせいたします。

 

開催日 : 令和2年2月2日

時間等は、詳細が決まりましたらお知らせ致します。



【更新履歴】

【2020年度】

 

◎2月16日(日)「古瀬間塾ニュース」を更新しました。

◎2月16日(日)「稽古日記ブログ」を更新しました。

◎2月9日(日)「稽古日記ブログ」を更新しました。

◎1月26日(日)「稽古日記ブログ」を更新しました。

◎1月12日(日)「稽古日記ブログ」を更新しました。

◎1月1日(水)「古瀬間塾ニュース」を更新しました。

◎1月1日(水)「行事予定表」を更新しました。