【 古野流空手道 】

 

 

古野流空手道 第二代宗家 山本 淳一

 

◎1989年1月  名古屋市中村区において『日本空手道 古瀬間塾』が古野和之助、山本淳一

          両氏によって創塾される。

◎1992年8月  山本淳一が古瀬間塾第二代宗家、二代目塾長に就任する。

◎2009年9月  名古屋市港区に『古瀬間塾本部道場』を設立する。

◎2011年4月  山本奈々が『古瀬間塾三代目塾長』に就任する。

◎2012年2月  正式名称を『古野流空手道古瀬間塾』とし、『古野流空手道連盟』を

          発足する。

◎2012年2月  『国際双節棍競技連盟』に加盟、愛知県ヌンチャクスポーツ連盟を発足する。

◎2014年4月  山本大輔が『古瀬間塾四代目塾長』に就任する。

◎2015年1月  『古野流武器術 武士会(もののふかい)』を発足する。

◎2017年12月 古野流空手道 東郷空手クラブが、野々山氏、真金氏によりスタートする。

◎2018年6月  古瀬間塾が本部道場を港区知多三丁目から港区七反野へ移設する。

◎2019年2月  古瀬間塾を法人化、『特定非営利活動法人 古野流空手道 古瀬間塾』となる。

          初代法人理事長に山本大輔、副理事長に吉田雅樹が就任する。